C# HRMOS APIを利用して打刻アプリを開発3「ユーザー一覧を取得」

HRMOS-API開発

第3回はHRMOSからユーザー一覧を取得する手順を説明します。

前回

前回の第2回ではAPI URLとAPI KEYを使用してHRMOS APIへアクセスしてトークンを取得する手順について説明していますのでまだ読まれていない方はC# HRMOS APIを利用して打刻アプリを開発2をお読み下さい。

HRMOS ユーザー一覧 API

ユーザー一覧 JSON

ユーザー一覧取得の「QUERY PARAMETERS」「RESPONSE SCHEMA」下記の通りです。

HRMOS勤怠API定義

ユーザー一覧 JSONデシリアライズ

今回はユーザー情報の中から最低限必要となる項目に限定して取得することにします。

また、デフォルトでは取得できるユーザー数が25ユーザーとなっていますので100ユーザーまで

取得できるように設定します。

ユーザー一覧を取得

HRMOS APIを利用するにはSecret Keyを使用してBasic認証し、トークンを取得する必要があります。

ここではForm1_Shown(フォーム表示直後の処理)でユーザー一覧を取得します。

HRMOS API トークンの取得手順

・クライアント作成

・リクエスト作成

 (注)リクエストパラメーターに取得件数の最大値を設定しています。

・Basic認証

・GETの戻り値(JSON)よりユーザー情報を取り出す

 (注)今回は下記のみを取得しています。

    社員ID、社員番号、名字、名前、名字カナ、名前カナ、拠点ID、部門ID

次回の予定

C# HRMOS APIを利用して打刻アプリを開発4「拠点、部門を取得」

コメント

タイトルとURLをコピーしました