【新発想】洗剤不要 水だけで油汚れが落ちる“世界初”のお皿メリオールデザインとは 

meliordesign雑学

DG TAKANOのメリオールデザイン食器は、世界初のナノテクノロジーを使用した食器として注目されています。

通常の食器とは異なり、表面改質技術にナノテクノロジーを取り入れることで、食品衛生検査指針で推奨されている

「ATPふき取り検査法」の合格基準をクリアしています。これにより、水ですすぐだけで油汚れを落とし、

除菌効果が期待できる画期的な性能を有しています。洗剤やスポンジ、お湯、食洗機が不要となり、

最大98%の節水が可能となっています。さらに、洗剤不要で手が荒れず、わずか1秒で年間約10日分の

食器洗浄時間を削減できる実用性も備えています。

この革新的な食器は、4枚入りの「meliorkitchen STARTER SET」として販売され、価格は1万3800円です。

DG TAKANOは、これにより食器洗浄における環境負荷を大幅に軽減し、持続可能な生活に貢献しています。

洗剤不要で油汚れが落ちる!水だけで食器を洗える新技術

日本の節水製品を手がけるベンチャー企業「DG TAKANO」が、洗剤不要で油汚れが落ちる食器

「meliordesign(メリオールデザイン)」を開発した。


この食器は、ナノテクノロジーを使った表面改質技術により、水だけで油汚れを落とすことができる。

洗剤不要で油汚れが落ちる仕組み

メリオールデザインの表面には、ナノレベルの凹凸が施されている。この凹凸が水と油の分離を促し、

油汚れを水に浮かび上がらせる。さらに、水の表面張力が低下するため、水が汚れに浸透しやすくなり、

汚れを落としやすくする。

食品衛生検査にも合格

メリオールデザインは、食品衛生検査指針で推奨されている「ATPふき取り検査法」の合格基準を

クリアしており、水ですすぐだけで油汚れを落として除菌することができる。

最大98%の節水が可能

メリオールデザインは、洗剤やスポンジ、お湯、食洗機などが不要なため、最大98%の節水が

可能である。また、洗剤を使う必要がないため、手荒れの心配がなく、洗う時間も短縮できる。

メーカーとデザイン会社の視点の違い

DG TAKANOは、メリオールデザインのほか、超節水ノズル「Bubble90」を販売するなど、

水不足という課題に対してアプローチしている。

DG TAKANO 代表取締役を務める高野雅彰氏は、「便利になることで人類が発展する一方、
地球環境がボロボロになる――今まではそういう社会を生きてきた。
だからといって、人類が前の時代の生活に戻ることはできない。
これからは、便利になってかつ快適な暮らしができ、かつ地球環境もよくなる。
私たちメーカーはそういった商品を出していかなければいけない」と、
メーカーのあるべき姿を語る。

DG TAKANO HP

最大98%の節水!水不足の課題を解決する新食器

水不足は、世界的な課題となっている

国連の推計によると、2050年には世界の人口の半分が水不足の影響を受ける可能性があるという。

水不足の原因

人口増加や気候変動などが挙げられる。人口増加により、水の需要は増加する一方で、気候変動により、

水資源の供給量は減少している。水不足は、人々の生活や経済に大きな影響を与える。水不足により、

農業や工業の生産性が低下し、食料やエネルギーの不足につながる可能性がある。

また、水不足による水の汚染は、健康被害や感染症の拡大につながる可能性がある。

水不足の課題を解決するために

水の使用量を削減することが重要である。食器洗いは、家庭や飲食店における水使用量の大きな

割合を占める。そのため、食器洗いの節水は、水不足の課題を解決する上で重要な取り組みとなる。

洗う時間1秒で年間約10日分の節約!新食器が便利すぎる

メリオールデザインは、洗剤やスポンジ、お湯、食洗機などが不要なため、洗う時間を大幅に短縮することが

できる。一般的な食器を洗う場合、食器を洗剤で洗い、スポンジでこすって汚れを落とす。その後、お湯で

流して洗剤を洗い流す。さらに、食洗機を使う場合は、食洗機用洗剤と水が必要となる


一方、メリオールデザインは、水道水で流すだけで食器を洗うことができる。そのため、洗剤やスポンジ、

お湯、食洗機用洗剤などの準備や使用にかかる時間を省くことができる。


DG TAKANOによると、メリオールデザインを洗う場合、洗う時間は1秒程度で済むという。

つまり、1日に2食分の食器を洗った場合、1日あたり約2秒、年間で約7300秒、つまり約12時間の節約

可能となる。また、洗う時間の短縮は、手荒れの予防にもつながる。

メーカーとデザイン会社の視点の違いで生まれたヒット商品

メーカーとデザイン会社は、どちらも商品を開発する立場であるにもかかわらず、その視点には大きな違いがある。


メーカーは、自社の技術やノウハウを活かして、新たな商品を生み出すことを目指す。そのため、商品の機能や

性能を重視する傾向がある。


一方、デザイン会社は、ユーザーのニーズや課題を解決するために、商品のデザインや使いやすさを重視する

傾向がある。メーカーとデザイン会社の視点の違いが、ヒット商品を生み出す上で重要なポイントとなる。


たとえば、DG TAKANOが開発した洗剤不要で油汚れが落ちる食器「メリオールデザイン」は、メーカーと

デザイン会社の視点の違いによって生まれたヒット商品といえる。

DG TAKANOは、水不足という課題を解決するために、洗剤不要で油汚れが落ちる食器の開発に取り組んだ。

この取り組みは、メーカーとしての「技術を活かして新たな商品を生み出す」という視点に基づくものである。

水不足を解決する“洗われる側”の新発想

従来の食器洗いは、洗剤やスポンジ、お湯、食洗機などを使用して、食器の汚れを落としてきた。


しかし、これらの方法では、多くの水を必要とする。


そこで注目されているのが、洗われる側の視点からアプローチする方法である。具体的には、


食器の表面に特殊な加工を施すことで、水だけで油汚れを落とせるようにする技術である。


この技術は、ナノテクノロジーや表面化学などの技術を応用したものである。食器の表面に


ナノレベルの凹凸を施すことで、水と油の分離を促し、油汚れを水に浮かび上がらせる。


さらに、水の表面張力を低下させることで、水が汚れに浸透しやすくなり、汚れを落としやすくする。


この技術は、洗剤やスポンジ、お湯、食洗機などを使用しないため、水の使用量を大幅に削減


することができる。また、洗剤を使う必要がないため、手荒れの心配もなく、洗う時間も短縮できる。

まとめ

メリオールデザインのさらなる普及に向けて、敢えて課題点をあげるとすると


1つは、価格の引き下げである。現在、メリオールデザインの価格は1万3800円(税込)と、一般的な食器に


比べると高価である。同社では、製造コストの削減や量産化などにより、価格を下げていきたいと考えている。


もう1つは、海外展開である。メリオールデザインは、日本だけでなく、世界中の水不足問題を解決する


可能性がある。同社では、海外での販売代理店を募集するなど、海外展開を積極的に進めている。


メリオールデザインは、洗剤不要で油汚れが落ちる、画期的な食器である。今後、価格の引き下げや


海外展開が進むことで、さらなる普及が期待される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました