「おっさんずラブーリターンズー」放送決定!田中圭、吉田鋼太郎、林遣都が再集結!

TV

「おっさんずラブ」のファン待望の続編が、ついに帰還のときを迎えます!

5年の歳月を経て、2024年1月、テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠で「おっさんずラブ-リターンズ-」が

放送されることが発表されました。

初代「おっさんずラブ」は、2016年に深夜の単発ドラマとしてスタートし、その後2018年には連続ドラマとして

大ヒット。視聴者の心をつかんだそのストーリーは、放送開始と同時に口コミやSNSを中心に広がり、

最終話ではTwitter世界トレンド1位を獲得するほどの大ブレイクとなりました。

その人気は地上波だけにとどまらず、配信、グッズ、書籍、イベント、海外リメイクなど、

多岐にわたる二次的エンターテインメントで社会に大きなインパクトを与えました。

初代作品の成功に続き、2019年には映画化も果たし、「劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」として

新たな章を刻みました。その後も、異なる舞台で展開されるパラレルワールドドラマ「おっさんずラブ -in the sky-」

が放送され、ますます多様な魅力を放つシリーズは、国内外で社会現象を巻き起こし続けました。

そして今、5年の時を経て、「おっさんずラブ-リターンズ-」がスクリーンに帰還します。

初代の続編として放送される本作は、ますます進化したストーリーと、変わらぬキャスト陣の魅力が

凝縮されています。ファンならずとも、これまでのシリーズを愛してやまない方々にとって、

これ以上ない喜びと期待が込められた続編。新たな感動が待っていることでしょう。

どんな展開が待ち受けているのか、わくわくとした気持ちが募りますね。

「おっさんずラブーリターンズー」放送日は

2024年1月5日(金)スタート! 【毎週金曜】よる11:15~

「おっさんずラブーリターンズー」キャストは

  • 春田創一(はるた・そういち)(39) 田中 圭
  • 黒澤武蔵(くろさわ・むさし)(61) 吉田鋼太郎
  • 牧 凌太(まき・りょうた)(31) 林 遣都
  • 荒井ちず(あらい・ちず)(33) 内田理央
  • 栗林歌麻呂(くりばやし・うたまろ)(28) 金子大地
  • 荒井舞香(あらい・まいか)(51) 伊藤修子
  • 荒井鉄平(あらい・てっぺい)(43) 児嶋一哉
  • 武川政宗(たけかわ・まさむね)(50) 眞島秀和
  • 栗林蝶子(くりばやし・ちょうこ)(56) 大塚寧々

「おっさんずラブーリターンズー」キャストのコメント

田中圭
「おっさんずラブ-リターンズ-」出演が決まったときの気持ち
うれしさ半分、怖さ半分…。でも、うれしさが勝った!という感じです。流行語大賞にノミネートされたり、

海外でリメイクされたり、いろんな賞をたくさん獲ったりと、世界的なブームを巻き起こした前作について
「おっさんずラブ」シリーズは、単発や映画、インザスカイなど、いくつもやらせてもらいましたが、鋼太郎さんと遣都と、この3人でやった“天空不動産編”は、本当にたくさんの方に愛されたと思います。愛されすぎて、自分たちの手を離れて遠くへ行ったな…という想いもあって(笑)。自分が死ぬときに思い出す作品のひとつなんだろうな、というぐらいすごく好きだし、今でもすごい面白いドラマだったなと、誇りをもって言えます。海外でもリメイクされたり、自分たちも知らないところでも、世界中でどんどん愛されて輪が広がっていった作品なので、この規模になってまた戻ってくるっていうことに対するプレッシャーは正直あります。先日はタイでリメイクが決定したとも聞いたので、「本家も負けてられないな」という気持ちです。

吉田鋼太郎
「おっさんずラブ-リターンズ-」出演が決まったときの気持ち
この3人が揃って、再び一緒にやれるという話を聞いた時はうれしかったです。もちろん、ちょっと不安もありましたね。でも、その不安を吹き飛ばして、もっと面白いものを作らなきゃなと思いました。

林遣都
「おっさんずラブ-リターンズ-」出演が決まったときの気持ち
“うれしさ100!”でしたね。また大好きなメンバーが集まってやれるんだって思うと、ワクワクしました。

「おっさんずラブ-リターンズ-」あらすじや見どころ

5年が経過しても変わらぬ魅力に、前回とは一味違う関係性のおもしろ味がプラスされました。そして、なんといっても素敵なのは、武蔵が前回とは違ったポジションで鮮やかに活躍していること。吉田鋼太郎にしかできない武蔵の新たな一面がたくさん見られることに、わくわくが止まりません。

物語的には、日常の中で抱えるリアルな悩みや、気にはしているけど表に出さない秘めた思いなどがしっかりと描かれています。だからこそ、多くの人が楽しめるし、共感できるドラマに仕上がっているんです。

大好きな仲間たちと一緒に作品を作る喜び、そして他にはない独自の方法で視聴者をハッピーにできるチームであることに、本当にワクワクしています。前回から応援してくださった皆さんも、今回から見てくださる方も、みんなに楽しい気分にしてもらいたいという想いでいっぱいです!

今回の台本はさらにパワーアップしていると確信しています。恋愛の悩みに加えて、さまざまなキャラクターが抱える難題にも深く迫ります。悩み多き登場人物たちが次々と現れ、その悩みが更なる大騒動を引き起こす展開は、前回をはるかにしのぐ見どころと言えるでしょう。まさに社会派ドラマの域!いや、社会そのものがドラマになっていないことを願いつつ(笑)、でも微妙に考えさせられる場面もあります。楽しいだけでなく、考えさせられる一面も備えたドラマに仕上がっていると思います。皆さんが期待してくださっている分、私たちもより面白いものを届けるために頑張りますし、その期待に応える責任も感じています。正直、ちょっとビビっていますが(笑)。

まとめ

描かれているのは、実にありふれたがたくさんの人に共感を呼ぶ日常の一コマ。

家族、パートナー、友人関係、そして日々の営みの中での大きな挑戦や微笑ましい瞬間が丁寧に描かれています。

だからこそ、これを無理せず、軽やかに楽しんでいけたら最高だなと思います。圭くんとの深い愛に満ちた

やりとりや、鋼太郎さんとの命がけのバトルなど、日常に潜む濃密なエピソードがおもしろみを引き立てています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました